男性型脱毛症って病気?

最近髪の毛が薄くなったな・・・と感じたら・・・遺伝だなってあきらめる人が多いと聞きます。でも、本当に遺伝かどうか?それってわからないことなんですよ。薄毛や抜け毛の根本的原因、もしかしたら男性型脱毛症かもしれません。男性型脱毛症はAndrogenetic Alopecia「AGA」と呼ばれていて、コマーシャルでも見かけますよね。薄毛に悩む皆さんにとって「AGA」は気になる言葉だと思います。

男性特有の脱毛症だから男性型脱毛症。30代から50代の男性に多いトいわれていて、薄毛や抜け毛の悩みがあるという人のほとんどがAGAといわれているんです。日本の中でAGAだろうと思われる方は実に1260万人もいると言われています。AGAの特徴としてはヘアサイクルの成長期が短くなるため、前頭部、前頭部が薄くなっていきます。

AGAは、男性ホルモンや遺伝的要素が重なり合って起こるものといわれていますが、AGAの治療を受けることによってその進行を抑制する、また薄毛や抜け毛の症状を改善していくということが可能なのです。AGAのことを知り治療を開始する人は年々多くなっています。AGA専門の病院も全国に多くなっており、認知度も年々高くなってきています。早く始めれば始める分だけその効果も高くなります。髪の毛に悩んでいるという方はまず、AGAの検査を受けてみてください。

関連した情報を載せているサイト

管理人のその他の運営サイト

Copyright© AGAの病院に行かなくちゃ!! All Rights Reserved.